草刈機

草刈機は元々奈良時代に草刈りに鎌が使われたところから歴史がスタートするという本当に古いものです。
その後明治30年代に機械化され、現在のように肩からかける形式のものやトラクターのような大型機械の草刈機が次々と開発されました。
草刈機自体の用途としては、林業、造園業、自宅の庭の草刈り、そして、農業と幅広く使われるものです。
また、この草刈機手軽に購入できますが、業務として使用するには、安全衛生教育を受け、刈払機取扱作業者の資格を取得しなければ労働安全衛生法違反になってしまいますので注意が必要です。
農家などが個人の敷地内で使用する分には特にこの法令に違反することはありませんので、個人で農機具として使用する場合は特に必要はありませんが、持っておく方が安全に使うには持っている方が良い資格と言えます。
農機具として使う場合の草刈機は多くが肩などにかけてくるくると回る刃を使い畑などに生えている雑草などを刈り取るタイプのものを使用します。
このタイプの草刈機を使う場合、刃の回転方向と同じ方向に振る際に草を刈り、逆に戻す際は刈らないようする必要があります。戻す際に刈ると機械の構造上キックバックをおこしてしまい作業者の足の切断などに繋がる可能性があります。
農機具での作業中の怪我は多くの場合が草刈機の使用中に起こっている為注意が必要な器具です。

12
  • 店頭買取 店頭で買取をご希望の方はこちら
  • 出張買取 出張で買取をご希望の方はこちら
  • 宅配買取 ご自宅で買取をご希望の方はコチラ
  • 店舗案内 お近くの実店舗へのアクセス

CATEGORY